鹿児島ICTel大賞・UDC2020 第1回アイデアソン報告

2020年11月06日

本NPOが主催する第1回鹿児島ICTel大賞2020において、UDC2020に応募するための第1回アイデアソンが以下のように開催されました。

日時:2020年10月31日(土) 10:00~17:00
場所:フォーエバー中央駅前教室第1研修室
参加:11名

メイン講師の平林哲史氏(富士通鹿児島インフォネット)によるアイデアソンについてのセミナーの後、まず参加者個人で困っていることについて問題提案を行い、その中から3つを選択し、3つのグループに分かれて問題解決のアイデアを形にしていきました。

問題解決方法としてはKJ法を採用し、講師の渕田孝康氏(鹿児島大学)からKJ法とブレインストーミングの基本についての講義を行った後、グループに分かれてアイデアの提案、分類、関連付け、図解化、文章化の手順で具体的な形へと仕上げていきました。

最後にグループごとに提案する解決法のアイデアをスライドにまとめて発表し、さらに鹿児島ICTel大賞のアイデア部門に応募まで行いました。

受講者からは、KJ法は初めてだったがアイデアをまとめるのに有効だ、との感想があり、有意義な体験だったと思います。

アイデアソンの様子を以下に示します。

なお、第2回は11月28日(土)に開催予定です。

鹿児島ホームページ大賞

鹿児島キッズプログラミングコンテスト

サーバー脆弱性診断サービス

ITサポート

役員専用

会員専用メニュー

  • 役員専用ページ
  • 鹿児島インファーメーション facebook
  • 独立行政法人 情報処理推進機構