アーバンデータチャレンジ2018第1回鹿児島ブロックアイデアソン

2018年10月23日

アーバンデータチャレンジ(UDC)は、一般社団法人社会基盤情報流通新進協議会(AIGID)が平成25年度から実施している一般参加型コンテストで、地方自治体を中心とする公共データを活用した地域課題解決を目的としています。NPO鹿児島インファーメーションでは、2017年度からUDCに参加し、ITを活用した地域活性化の推進を目指しています。

2018年度は3回の実施を計画しており、第1回を以下のように開催いたします。特にITに関係あるなしに関わらず広く一般の方々の参加を募集しますので、どうぞ奮ってご参加ください。

日時 2018年10月30日(火)14:00~17:00(受付13:30~)
場所 ソーホー鹿児島 会議室A
鹿児島市易居町1番2号 鹿児島市役所みなと大通り別館6階
講師 柴田重臣氏(Code for Japan)UDCメンター
募集定員 20名程度
テーマ 《2020年鹿児島国体に向けてのスポーツデータの収集と活用》
内容

 2020年、東京オリンピックが開催される年に、鹿児島では国民体育大会(かごしま国体)が開催されます。このようなスポーツの祭典を前に、県民のスポーツへの関心を高め、より一層スポーツを楽しみ、国体ムードを盛り上げるべく、アイデアソンを実施します。
 アイデアソンとは、アイデアとマラソンを組み合わせて作られた造語で、いろいろな分野の人々が集まってグループでのディスカッションを通じて、新しいアイデアを生み出していこうとするイベントのことです。
 鹿児島ではサッカーやバスケットボールをはじめとするプロスポーツだけではなく、一般市民が楽しむための草野球やゴルフ大会、ボウリング大会、少年サッカー、バレーボールなどいろいろなスポーツが各地で開催されています。これらのデータを収集し活用することで、一般市民のスポーツへの関心を高めて、いつものスポーツをより楽しいものにするだけでなく、スポーツをしない人たちへもスポーツの楽しさを発信できるのではないかと考えます。
 今回に続く第2回UDC(平成30年12月8日土曜日9:30~16:30)では、ハッカソンを行って今回のアイデアを具体的な形にして、アーバンデータチャレンジへの作品応募を行うことを目標とします。またハッカソンの成果物は、第3回目のシンポジウム(平成31年1月開催予定)でプレゼンテーションを行ってもらう予定になっております。

  • アイデアソン(H30/10/30 ソーホー鹿児島)
  • ハッカソン(H30/12/08 フォーエバー研修室)
  • 作品応募(H30/12/22-H31/1/26)
申込方法 下記の申し込みフォームよりお申し込みください。
(定員に達し次第、締め切ります)

主催:NPO鹿児島インファーメーション、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会

後援:一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会


申込フォーム

●お名前 (必須)

●ふりがな(必須)

●メールアドレス (必須)

●会社・組織名(必須)
(個人でお申し込みの方は「個人」と入力してください。)

●所属

●役職

●電話番号

●備考:

申込後に参加取り消しをご希望の場合は、お手数ですが、NPO法人 鹿児島インファーメーション セミナー担当:今井(090-5749-4488)までご連絡願います。

下記に表示されている文字列を入力してください。

captcha

鹿児島ホームページ大賞

サーバー脆弱性診断サービス

ITサポート

役員専用

会員専用メニュー

  • 役員専用ページ
  • 鹿児島インファーメーション facebook
  • 独立行政法人 情報処理推進機構