第2回シンポジウム ゼロからのスタート!KAGOSHIMA

2007年08月18日

「いま、鹿児島で何ができるのか?」

IT後進県である鹿児島県。その中にあって、私たちはITを活用することでどのような利益を享受できるのでしょうか? 実際に、地方においてITを積極的に活用し町おこしを行ってきた、ゼロスタート社の羽田氏と伊地知氏を迎えて、鹿児島でのIT活用を考えるシンポジウムです。

シンポジウムは盛況の下に終了いたしました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

台風のため、日程が下記のように延期になりました。

日時 2007年8月18日(土)
 シンポジウム:13:25-17:00 (受付開始 13:00)
 交流会:17:15-19:30
場所 鹿児島県市町村自治会館 4F
 シンポジウム:「ホール」
 交流会:403号室

自治会館の施設案内・アクセス方法はこちらをご覧ください。

主催 NPO法人 鹿児島インファーメーション
後援 鹿児島県
社団法人鹿児島県工業倶楽部
SYNAPSE
参加費 シンポジウム 無料/交流会 3,000円(学生1,000円)

ポスター [PDF 804KB]

シンポジウム
13:25-13:30 主催者挨拶
13:30-14:30 ●第1部 「日本のインターネットの現状とトレンド」
羽田 寛氏 ゼロスタートコミュニケーションズ株式会社
代表取締役副社長
オン・ザ・エッジからライブドア、そしてゼロスタートにいたる日本のインターネットの歴史と現状、そして光と影・・・。ライブドア事件の裏話も聞けるかも!?
14:40-15:40 ●第2部 「ITを活用した地域活性化」
伊地知 晋一氏 ゼロスタートコミュニケーションズ株式会社
専務取締役
これまでに「尾道」や「岡崎」で展開中のインターネットを活用したさまざまな活動事例を紹介。また、日本に初めて「ブログ」を紹介した経緯や、あの「やわらか戦車」誕生秘話など!
15:50-16:50 第3部 パネル・ディスカッション 「いま、鹿児島で何ができるのか?」
いま、鹿児島で何ができるのか?、をテーマに、現在鹿児島でITを使って活動している人々と羽田氏、伊地知氏を交えて熱い討論を繰り広げます。
<パネリスト> 羽田 寛氏(ゼロスタートコミュニケーションズ)
伊地知 晋一氏(ゼロスタートコミュニケーションズ)
黒瀬 敏弘氏(かごしまかわら版代表)
徳丸 洋子氏(鹿児島インターネットテレビ局長)
寺師 勉氏(鹿児島県観光交流局かごしまPR課 課長)
早川 孝一氏((株)イーデザイン代表取締役)
<コーディネータ> 森 邦彦(NPO法人鹿児島インファーメーション理事長)
17:15-19:30 ●第4部 交流会
講師の方々を交えて交流会を開催します。
  • 鹿児島県市町村自治会館403号室
  • 参加費3,000円
    (学生は1,000円です)
参加申し込み

申し込みは締め切りました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

鹿児島ホームページ大賞

サーバー脆弱性診断サービス

会員募集

会員専用メニュー

  • 役員専用ページ
  • 鹿児島インファーメーション facebook
  • 独立行政法人 情報処理推進機構